わきがと病院

胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科手術では大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法」しくは「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス手術」という二者の手段が高い頻度で採用されています。

HMSの調査結果によると、1日あたり2〜3杯のカフェインの取り除かれたコーヒーで代用すると、なんと直腸癌の罹患リスクを約5割も減らせたらしい。
毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、臨床データに基づいた研究の成果から、注射の予防効果を期待できるのは、ワクチン接種したおよそ2週間後から約150日位ということが判明しています。

普通では骨折を起こさない程のごく小さな圧力でも、骨の一定の部分に複数回繰り返し連続してかかってしまうことによって、骨折が起こってしまうことがあるようです。

スギの花粉が飛散する季節に、幼いお子さんが体温はいつもと変わらないのに頻繁にクシャミしたり水っ洟が止まる気配をみせないケースは、残念ながら『スギ花粉症』の恐れがあります。

常在細菌の一つであるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、毒力が極めて強烈な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つが存在します。

消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、普通は腹痛・悪心・嘔吐・下痢の症状が出る程度で治まりますが、細菌感染による腸炎の場合は相当ひどい腹痛・繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38度以上の高熱が出るのが通例だといえます。